子供が医学部受験を控える時に親が気をつけるべきこと

センター試験で9割近くの正答率を叩き出すことが必要

親御さんの配慮やサポートでも結果を左右し得るセンター試験で9割近くの正答率を叩き出すことが必要保護者会では試験の事情や最新の情報などを紹介してくれます

もちろん高3からスタートして合格するケースもありますが、かなりの苦労を伴うと予想されます。
基本的には偏差値65以上が要求されてくるので、これを達成することを当面の課題として考えることが重要です。
偏差値65と言うのはシンプルに考えると全体の7%以上の上位に入ることになります。
現在の学力から充分に射程圏内の場合でも油断は禁物ですし、不足している時には綿密に計画を練っていくことが重要です。
なおセンター試験で9割近くの正答率を叩き出すことが必要となります。
この数値目標を達成するために、科目ごとに対策を検討していくことになるわけです。
学習プランを組み立てる上で最初に検討すべきなのは、通塾するか独学で挑むかと言う点になるでしょう。
当然ですがこの部分の選択が、後の命運を分けることにもなりえます。
子供としては独学で挑み、だめなら浪人や大学通学をしながらと言った選択肢を考えることもありますが、これを考えるのは学力との兼ね合いが必要です。
自助努力である程度の成績が出せているのならチャレンジとして考えられますが、そうではない場合は無謀と言えます。
大体の生徒が一定の資金を使って、早期の段階から高品質な塾・予備校で対策を組み立てていきますから、それに競り勝つだけの努力と実力が必要になります。
したがって親としては通塾については、しっかりと検討して結論を出したほうが良いと言えます。
特に直前期のラストスパートで生徒の実力は大きく跳ね上がるので、独学ですと逆転を許したり最後に追いきれない可能性が出てくるわけです。
通塾に関しては情報を集めてから決断するのがおすすめとなります。