子供が医学部受験を控える時に親が気をつけるべきこと

親御さんの配慮やサポートでも結果を左右し得る

親御さんの配慮やサポートでも結果を左右し得るセンター試験で9割近くの正答率を叩き出すことが必要保護者会では試験の事情や最新の情報などを紹介してくれます

医学部の受験はかなり難易度の高い挑戦となりますから、お子さんの自助努力は当然に重要になる上、親御さんの配慮やサポートでも結果を左右し得るものです。
とは言ってもそろそろ大人として独り立ちする年齢ですから、あまり口うるさく色々と口出しするのは気がひけるかも知れません。
父母としても悩みやすい面があると思いますが、ポイントを踏まえて見守りつつ、重要な場面では手を差し伸べていくのがおすすめできます。
まず医学部受験で最も重要なのは計画性です。
最初に志望校を決めて学習プランを考え、塾や予備校に通い始める時期も考えていく必要があります。
この点に関しては子供の自主性も大事ですが、やはり一人では考えづらい面があるのも事実です。
しっかりと将来の目標を定めて、費用面も考えつつ学習プランを考えていきましょう。
志望については何をやりたいのかを明確にすることがまずは大切です。
とりあえず学習プランは高1の段階でスタートすることが多いので、この段階ではある程度は目標を明確にしておいたほうが良いはずです。
面接試験では「なぜ医師になりたいのか」などを聞かれるので、早期の段階から目標を作っておけば、そのような質問にも受け答えがしやすいと言えます。
もちろん合格してからイメージと違っていて、中退となる可能性もなくはありません。
せっかく難しい試験にチャレンジするのですから、この目標と言う部分については、親子でしっかりと話し合ってみても良いはずです。
この分野への進学を決断した場合には、早期のうちに学習プランを立てていくのが一般的となります。
高1の段階から勉強を始めていくのも少数派ではありません。
そのようなライバルと争うことになるので、出遅れないように注意が必要です。

【医学部志望の夏休みの過ごし方】

どの受験生も夏が一番大切にしてほしいのですが、特に医学部志望の方はこの夏色々な大学の過去問を解いてほしいです!

センターの結果によって大きく変動するのが医学部受験。


どこ受けてもいいように総合大学、単科医科大学の過去問に手をつけ始めてほしい!🙉

— Re:FLECHIR@進路アドバイザー (@Re_FLECHIR) 2019年8月7日